ソーイングレシピ

巾着袋の作り方・コップ入れ(裏地あり、まちなし、紐2本)

 

幼稚園、保育園で毎日使うコップ入れに最適な、裏地付き巾着袋の作り方です。

裏地があるだけで、ワンランク上のおしゃれな布小物入れができます。

裏地があってもミシン縫いでの作業手順は、とても簡単です!

 

肩紐タイプはこちらのページです。

 

【準備する材料】

・布(コットン)表地用、裏地用

・アクリル紐(60cm)2本

布はコットン、麻などの薄手の生地がおすすめです。

コップ入れなどは、洗濯頻度も高いので乾きやすさも重視ですね。

 

 

【出来上がりサイズ】

たて約20cm×よこ約18cm

 

【裁ち方図】

画像をクリックするとPDFファイルをダウンロードできます。

 

 

 

【裏地付き巾着袋の作り方手順、コップ入れ向け】

①布の裁断

裁ち方図を参考にして、布を裁断します。Aの裁断方法で裁断しました。

【表布】

【裏布】

 

②布の始末をする

布端をロックミシン、ジグザグミシンなどで始末をします。

裏地があるので、布端の始末をしなくても見た目には影響しません。

 

③中表にして重ね両端を縫う

中表にして重ねます。

下の画像のようにミシン縫いをします。(反対側も同じように縫います。)

縫いしろをアイロンで割ります。

 

両端を縫い終わった状態です。

 

④表布、裏布を縫う

表布、裏布が袋になるように重ねます。

 

下の画像のように切り替え部分が合うように重ねます。

下の画像のように【返し口1か所】【紐通し口2か所】を、裁ち方図を参考にして、印を付けます。

それ以外をミシン縫いします。

ミシン縫いした状態

 

⑤返し口を縫い塞ぐ

返し口から袋を表に返して、ミシン縫いをして塞ぎます。

 

表に返した状態

 

返し口をミシン縫いで塞いだ状態。

縫い目が見えないようにコの字縫い(手縫い)で塞いでもOKです。

 

⑥袋をアイロンで整える

裏地の袋を中に収めて、アイロンをかけて整えます。

 

⑦紐通し部分をミシン縫いする

紐を通す部分をぐるりを一周ミシン縫いします。

【表の状態】

 

【裏の状態】

 

⑧紐を通して完成

準備した紐を通して完成!

紐通しについては下記のページで詳しく紹介しています。

 

 

-ソーイングレシピ