ソーイングレシピ

ファスナー付き移動ポケットの作り方(裏地あり、ふたなし、まちなし)

小学生の私服に欠かせなくなっている移動ポケットの作り方です。

ファスナータイプで、簡易に取り出すことができるポケットも付いています。

移動ポケットは、パンツやスカートにポケットがない時に便利なのはもちろんですが、衣類にティッシュペーパーを入れたままお洗濯・・・ということを避けることもできます。

市販品で多いのは、マジックテープのものですが使い続けると、外れやすくなるようなのでファスナータイプがおすすめです。

 

このサイトでは、ファスナーポーチの作り方を掲載していますが、ほぼ似ている作業で出来ます。

 

【準備する材料】

・表布、裏布、ポケット用布

今回は、表布はキルティング生地を使用しています。

ポケット布はキャンパス生地、裏地はブロード生地です。

表布は、やや厚手の方が見た目もしっかりとして良いと思います。薄手の生地を使用する場合は、接着芯で補強することをおすすめします。

 

・留め具用テープ

(市販のアクリルテープ)

今回は、ポケット布と同じ布でテープを作りました。

 

・市販の留め具(100円ショップなどでも購入できます。)

 

 

【出来上がりサイズ】

縦 約16cm × 横 約15cm

 

【裁ち方図】

画像をクリックで裁ち方図をダウンロードできます。(PDFファイル)

 

ファスナー付き移動ポケットの作り方手順

①布を裁断して布端の始末をする

裁ち方図を参考にして布を裁断します。ジグザグミシンやロックミシンで布の始末をします。

裏地があるので布端は隠れます。布の始末をしなくても仕上がりには影響しません。

 

②ポケット布の縁を縫う

ポケットを半分に折り、下の画像の線のように縁をミシンで縫います。

 

③表布にポケットを縫い付ける

下の画像のように、両端をミシン縫いします。

 

④テープを作る

下の図のように、アイロンで四つ折りにして両端は、コバステッチをかけます。

縫い終わった状態

 

⑤表布にテープを縫い付ける

下の画像のように、等間隔でテープを縫い付けます。

 

⑥ファスナーを付ける

表布の1枚とファスナーを下のように配置します。

 

さらに、裏布を中表で重ねてミシン縫いします。

片方が縫い終わった状態

 

さらに反対側もファスナーを縫います。

 

 

⑦表布、裏布の袋を縫う

表布同士、裏布同士中表になるように重ねます。

この時、ファスナーはあけた状態にします。ファスナーをあけておかないと、表に返せなくなってしまいます。

 

下の画像のように、返し口、紐通し口をあけてミシン縫いをします。

 

⑧返し口を縫う

返し口から表に返して、返し口はミシン縫いで塞ぎます。

 

 

⑨裏布を中に収め、留め具を付ける

裏布を中に収めた状態

完成!!

 

 

 

 

 

-ソーイングレシピ