ソーイングワーク

手縫い、糸の通し方

手縫いの準備をしましょう!

針に糸を通して、糸端を結び準備をします。針の穴はとても小さく通しにくいですが、糸の通し方にもコツがあります。

糸を1本どりで縫う方法、糸を2本どりで縫う方法があります。

 

糸の通し方

①糸を切る

糸の長さは約40cm~50cmに切ります。糸交換が面倒だからと糸を長くすると、絡んだり、毛羽だったりしてしまい縫いにくくなってしまいます。

 

②糸を通す

片方の手に針を持ち、片方の手で糸を通します。

 

③針穴に糸が通ったら、糸をしごいてよじれを修正しておくと、縫っているときに絡まりにくくなります。

 

 

 

④糸端を玉結びにします。

・1本どりの場合は、片方の先端を玉結びにします。

・2本どりの場合は、両方の先端を束ねて玉結びにします。

 

 

ボタン付けなど丈夫な縫い目にしたいときは、2本どりがおすすめです。また、縫っているときに針穴から糸が抜けてしまう心配がないので、初心者の方は2本どりから練習しましょう。

 

 

 

 

糸通しを簡単にする道具

糸通しを使う

糸通しは簡単にできる道具も揃っています。一般的な糸通しはこちら。

 

①針穴に糸通しを通します。

 

②糸通しの針金に糸を通します。

 

 

③糸通しを針穴から引き抜くと、針穴に糸が通ります。

 

 

デスクスレダーを使う

さらにワンタッチで糸通しができるのが、デスクスレダーです。

 

①上部に針をセットします。

 

②下部に糸をかけます。

 

③ボタンを押すとワンタッチで糸が通ります。

 

ワンタッチ針は、上部に凹みがあります。ここから糸が通せる仕組みです。

 

-ソーイングワーク