toggle
2020-04-22

巾着袋の作り方・体操着入れ(裏地あり、まちなし、紐2本)

裏地付きの体操着袋、巾着袋の作り方です。

裏地があると難しそうに感じてしまいますが、とても簡単に作ることができます。

準備する材料】

・ 綿または麻などの生地(シーチング、ブロード、オックスなど)

表布用と裏布用を用意します。

・ アクリル紐(約90cm×2本)

アクリル紐はお好みでカラーを合わせてください。

【出来上がりサイズ】

縦40cm×横30cm

【裁ち方図ダウンロード】

クリックするとPDFファイルをダウンロードできます。

 

【巾着袋(体操着入れ)の作り方手順】

①布を裁断して中表に重ねる

表布1枚と裏布1枚を中表に重ねて、赤線をぬいしろ1cmでミシン縫いします。

さらにもう一組も同じように縫います。

②ぬいしろを割ってアイロンで整える

①のぬいしろを割りアイロンで整えます。

もう一枚も同じようにします。

③袋布を中表に重ねてミシン縫いする

②の袋布を中表に重ねて、下の画像のように紐通し口、返し口以外の赤線をミシン縫いします。

④返し口から表に返してアイロンをかけ整える

返し口から袋布を表に返します。

アイロンをかけて整えます。

⑤返し口をミシン縫いして塞ぐ

返し口をミシン縫いをして塞ぎます。縫い目を隠したい場合は、手縫い(おくまつり)で 塞いでもOKです。

ミシン縫いで塞いだ状態です。

分かりやすいように目立つ色で縫っていますが、実際に縫うときは布の色と合わせた方がよいです。

⑥裏布をおさめてアイロンで整え、紐通し口を縫う

裏布を表布袋の中におさめて、アイロンで整えます。

下の画像のように、紐通しのための赤線部分をミシン縫いします。

約30cmの幅にします。

⑦アクリル紐を通して完成!

紐通し口左右から紐を通して玉結びをしたら完成です。

この巾着袋の作り方を動画にしました。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です