toggle
2018-06-22

ゼッケンのつけ方(体操着と水着)

学校で使用する体操着や、スポーツウェアに付けるゼッケンを付ける機会があると思います。裁縫が得意な方は何てことのない作業かもしれませんが、苦手だな・・と感じる方も多いはずです。裁縫が苦手でも学年やクラス、チームが変わることで付け替えも頻繁にありますから、コツをおさえてハードルを下げてしまいましょう。

ゼッケンを付ける方法はいくつかあります。アイロンで付けられるタイプのものもありますが、体操着はお洗濯の機会が多いので、できればしっかりと縫い付けておきたいですね。

 

たてまつりでゼッケンをつける

たてまつりはつける布を選びません。どのような布でも対応可能で一般的な方法です。

 

①ゼッケンのサイズにあわせて、チャコペンシルで作りたい大きさの布を描き、1cmほどのぬいしろをとり裁断します。

すでに決められている指定のゼッケンの場合は、この作業は必要ありません。

 

 

②裏返してぬいしろ1cmほどをアイロンで折ります。

 

③名前は、衣類にマジックのインクが付着しないよう、縫い付ける前に書いておきます。

ゼッケンを付ける位置を決めます。ずれたり曲がったりしないようにまち針を打ちます。

 

 

④針に糸を通し(1本どり)玉どめをしたら、針を布の裏側からだしてたてまつりをします。たてまつりの詳しいやり方は下記のページで参照下さい。

 

ゼッケンのたてまつりは、細かい方がきれいに仕上がります。体操着やスポーツウェアなどは伸縮性のある生地が多いので、緩めにまつるとよいです。

糸は、目立たないよう同系色がおすすめです。画像は、分かりやすいようあえて目立つ色の糸を使用しています。

 

 

⑤つけ終わったら、針は裏に出して玉どめをします。

【表】

 

【裏】

 

チェーンステッチでゼッケンをつける

手縫い糸でチェーンステッチをかけると、見た目も見やすくキレイに仕上がります。チェーンステッチは伸縮性が生まれるので、糸が切れにくいというメリットがあります。

とくに水着などにおすすめです。

水着につける場合を想定して実践してみました。

水着などはアイロン接着できるゼッケンが多いですが、洗濯を繰り返すとはがれてしまうこともあるため、アイロンした後でチェーンステッチをかけるとベストです。

 

①ゼッケン用の布を必要な大きさに裁断して、布あてをしながら中温に設定したアイロンで接着します。

水着は、アイロンが直接あたると、溶けてしまったり破れが生じてしまうので、アイロン接着をしなくてもよいです。

【水着に最適なゼッケン】

ゼッケンの布自体も伸縮性があるものを選びましょう。

 

②針に糸を通して(1本どり)糸端を結びにします。ゼッケンの縁をチェーンステッチで縫います。チェーンステッチは細かくしますが、糸はきつく引かないようにします。

 

チェーンステッチの詳しい縫い方は、下記のページを参考にして下さい。

刺繍ステッチ、チェーンステッチのやり方

 

③最後の縫い終わりには、先端の外側に針を出して糸を引き抜き、裏側で玉どめをします。

縫い終わった状態

 

 

水着の着替えで伸びても、この通り縫い目も伸縮するので糸が切れにくい状態です。

 

ゼッケンを手縫いするとなるとひと手間です。

切れたり、ほつれたりすると縫い直しの回数も増えてしまいますが、チェーンステッチで縫えば少しは解消しそうですね。

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です