ライフワーク

ナッツ類をおやつにする、ナッツ類の栄養メモ

ナッツ類をおやつにする

 

最近、日本の食品添加物の多さを知ってから、市販のお菓子は買う気になれません。

そうは言っても全く買わないわけではないのですが、いきなり自然食品だけ!と限定することは息苦しいので、少しづつ取り入れていくようにしています。意識していると市販品ほとんど買えなうなってしまうのですよね。

できるだけ添加物の無いものを選んでいくと、ナッツ類はなかなかいいおやつです。

ナッツ類はそのまま食べれるし、栄養面でもいい◎

ただし、ナッツも国産のものってほぼないですね(´;ω;`)ピーナッツは国産のものが時々あるかな?

その他のナッツ類はどうしても輸入品になってしまいますが、できるだけ無添加のものを購入するようにしています。

ナッツ類について調べてみました。自宅にある書籍を参考に、メモとして記録しておきますね。

 

ナッツ類の食べ方

・ナッツ類は小腹が空いたときに食べるのにちょうどいい!

・生で食べる、煎って食べるもOK!

・すりつぶしてお料理にトッピング、和え物にもOK!

給食によく鉄火味噌がでてましたけど、あれ苦手でした。でも栄養の面ではすごく体にいいですね。

ほうれん草の和え物にすりつぶしたナッツを加えるのもいい。

アメリカではピーナッツバターよく食べられていますね。ピーナッツバターも砂糖が多いからほどほどがいいのかな?

ピーナッツバターを砂糖少なく手作りするのもいいですね。

どうやって作るんだろ( ´∀` )?調べてみて作れそうなら試してみたい。

まぁ、そのまま食べるのが一番簡単ですね( ´∀` )

 

ナッツ類の栄養や効果

ナッツ類の主な栄養効果は、免疫力アップ、血中コレステロールの低下、骨粗鬆症の予防、虚血性心疾患や老化の予防。

ナッツの種類は、世界で約25種類あり、タンパク質、鉄、亜鉛、カルシウム、カリウムなどミネラル豊富。

ナッツ類もいろいろな種類がありますが、比較的日本で購入しやすいものについてメモ。

 

・カシューナッツ

カリウム、リン、亜鉛を特に多く含む。

カシューナッツ50gで女性の一日20%にあたる鉄分が含まれている。

 

 

・アーモンド

ビタミンEが豊富。非動物性食品の中でも、カルシウムは特に多い。

 

・ピーナッツ

オレイン酸、リノール酸が高く、ビタミンE、葉酸も豊富。

 

・くるみ

カルシウム、葉酸が豊富。

 

・栗

ローカロリー。主に炭水化物でカルシウムも含む。

 

・ピスタチオナッツ

鉄分とカルシウムが豊富。ベジタリアンに最適なナッツ。

 

 

 

 

-ライフワーク