ライフワーク

ドライフード・備蓄・ビーフジャーキー作り方メモ

食糧備蓄にドライフードを作ることにしました。

食糧を備蓄する方法はいろいろありますが、できるだけ長持ちするものでないと意味がありません。そこで、缶詰やレトルトが簡単に準備できてそのまま食べれるのですが、やはり気になるのは添加物です。

加工食品には添加物が必ず含まれています。防腐剤や乳化剤、PH調整剤などなど。長持ちさせるためのものです。

もちろん多少は目をつぶって缶詰なども準備していますが、加工食品ばかりでは飽きてしまいそうですし、栄養面でも心配です。そこで、できるだけ保存できる方法として、普段も食べれるようにドライフードを自分で作ることにしました。

干しカゴがあれば、外に干しておくだけでドライフードができます。

私は、庭が広くないためフードドライヤーで作ることにしました。

 

フードドライヤー購入

購入したフードドライヤーです。

思ったよりも大きいです。5段仕様で、肉、魚、野菜、果物、キノコ類などなどレシピ付きでした。

お値段は約1万円前後。もっと本格的な物もあるし、低価格帯なども機種は豊富です。

今回思ったより大きいかな?と思いましたが、実際に作るとしたら小さすぎず、大きすぎずちょうどいいかも。タイマー付きなのもいい。

ビーフジャーキーの保存期間

・保存袋に入れて冷蔵庫で1か月。(できるだけ空気を抜いて保存します。)

・真空パックにすると冷凍庫で1年。

こうなると真空パックの機械も欲しくなりますね(;^_^A

 

ビーフジャーキーの材料

ビーフジャーキーを作ってみることにしました。

・牛モモブロック肉 約400g

・酒 35ml

・醤油 35ml

・みりん 15ml

・こしょう小さじ1/2(ブラックペッパーなどの粗目のこしょうでもOK)

 

ビーフジャーキーの作り方

①牛モモ肉を約3mmの厚さに切ります。

息子が切ってくれました( ´∀` )最近息子はクッキングをやりたがりです。

 

②保存袋に切った肉と、合わせ調味料を入れてよく揉みます。

冷蔵庫で2~3時間置く。

 

③フードドライヤーにセッティング

70℃で6時間です。

量は多くなかったので2段だけ使用しました。

我が家はオール電化なので、深夜電力(夜の時間は電気料金安い)を利用しました。

並べるだけでも合わせ調味料のいい香りがしています( ´∀` )

フタをしてスイッチオン!!

送風の機械音はしますが、静かでした。

ビーフジャーキー出来上がり

パリパリに乾燥していました。

少し味見してみました。思っていたよりも味は濃いめでおいしい。

これを保存食としてそのまま食べてもいいし、煮込み料理などに使ってもいいかも!

今回は保存袋に入れて冷蔵庫保管。

やっぱり真空パックするマシーン欲しいな( ´∀` )と。

 

 

-ライフワーク