ライフワーク

追記ドライフード・備蓄・鱈

ドライフード鱈の保存期間

魚の干物の保存期間は一般的には約1週間。

冷蔵の場合でも同様。

冷凍などの場合は、乾燥しきっているものであれば、約1か月。

今回は調味液に浸したみりん干しに近いですが、丸干しと比べても大きな差はありません。

空気に触れないようにラップで包み、保存袋の空気をよく抜いて保存します。

 

ドライフード鱈の材料

・鱈の切り身約300g程度

・酒 35ml

・醤油 35ml

・みりん 15ml

調味液は、ビーフジャーキーと同じです( ´∀` )

 

ドライフード鱈の作り方

①魚をよく洗い、切り身をカットする。

お魚は切り身を使用しました。

②保存袋に調味液と鱈をすべて入れてよく揉みます。

③約半日漬けておきます。

④フードダオライヤーにセッティングします。

65℃で6時間ほど乾燥させます。

調味液に漬けるとそれだけでいい匂いなんで、このまま焼いて食べたくなってしまいます。

 

鱈のドライフード出来上がり!

おいしいですよ。

炭火で炙ってから食べてもいいかも°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°

おにぎりの具にも合うかもね!

魚の干物は意外と保存期間は短めですね。

今回は冷蔵庫で保存しておきました。

長期の備蓄には向かないですね。ただし、お魚がお買い得な時にまとめて購入して作っておけば、日ごろのお料理の時短、プラス一品になるかも。

 

フレーク状にしてふりかけに。

フードプロセッサーで細かく刻んで、お魚フレークにするとご飯のお供として、食べやすいです!

ちょっとしっとりとした感じのふりかけみたい。

市販のふりかけの添加物を見たら、売り場にあるもの買えませんでした。

どうしようかなーと思っていたので、これはいい(o^―^o)ニコ

ごはんに合うし美味しいです。

-ライフワーク