レッスンバッグの作り方(裏地あり・三角まちあり)

着替えなどもしっかり入る、三角まちのゆったりとしたレッスンバッグです。

習い事、図書バッグ、大人のレッスンバッグ、書類ファイルの持ち運びにも使えます。

使用した材料

・表布(帆布11号ブラック)

・裏布(帆布11号グリーン)

・持ち手(帆布11号グリーン)

表布、裏布どちらも帆布11号です。

帆布11号はやや厚手ですが、家庭用ミシンでも縫う事ができました。お持ちのミシンのパワーに不安がある方は、裏布をオックス生地、キャンパス生地などにしてもいいと思います。

仕上がりサイズ

縦29cm×横39cm×まち10cm

使用した型紙

表布1枚、裏布1枚、持ち手2枚です。

作り方手順

①持ち手を作る

アイロンで折り整える。

半分に折る。

中心に向かってさらに折る。

ミシン縫いする。

 

②持ち手を裏布に縫い付ける

画像の位置にクリップで固定する。

縫い付ける。ぬいしろ約5mm。

2つ同じように縫い付けます。

③袋布の布端を始末する。

ジグザグミシン、ロックミシンなどで布端をぐるりと始末する。

④まち部分をアイロンで整える。

下の画像のように袋布の中心がやまおりです。

中心から5cm、谷折りにします。

⑤裏布を袋にします。ミシン縫い。

たにおり、やまおり、たにおりにして中表にして、左右ぬいしろ1cmでミシン縫いします。

⑥表布を袋にします。③~⑤と同じ手順

⑦裏布袋を表に返し、表布袋の中に入れる。

裏布袋を表に返した状態。

↓表袋布(裏返しの状態。)に裏袋布(表の状態)を入れる。

⑧バッグのフチをミシン縫い。

返し口を約15cmにして、バッグのフチをぬいしろ1cmでぐるりとミシン縫いする。

⑨返し口から表に返して、フチをぐるりとステッチをかける。

返し口から返した状態。

裏布を表布の袋の中におさめて、フチを約3mでステッチをかける。

⑩完成!!

タイトルとURLをコピーしました