ゆったり大きめシューズバッグの作り方(裏地あり・三角まちあり)

三角まちのシューズバッグです。

ちょっとしたおでかけのミニバッグ、小物入れバッグにも最適です。

 

使用した材料

・表布(帆布11号ブラック)

・裏布(帆布11号グリーン)

・持ち手(帆布11号グリーン)

表布、裏布どちらも帆布11号です。

帆布11号はやや厚手の生地です。今回は実際に家庭用ミシンで制作しています。持ち手部分になると生地の重なりによって少し不安になるときもありますので、お持ちのミシンのパワー不足を感じる方は、裏布をオックス生地、キャンパス生地などに変更して工夫してみてくださいね。

仕上がりサイズ

縦29cm×横25cm×まち10cm

使用した型紙

作り方手順

①持ち手を作ります。

アイロンで折り、整えます。

半分に折ります。

中心に向かってさらに折ります。

ミシン縫いします。

②持ち手を裏布に縫い付けます。

画像の位置にクリップで固定します。

縫い付けます。ぬいしろは5mmです。。

2つ同じように縫い付けます。

③袋布の布端を始末します。

ジグザグミシン、ロックミシンなどで布端を始末します。

④まち部分をアイロンで整えます。

下の画像のように袋布の中心がやまおりです。

中心から5cm、谷折りにします。

⑤裏布を袋にしてミシン縫いします。

たにおり、やまおり、たにおりにして中表にして、左右ぬいしろ1cmでミシン縫いします。

⑥表布を袋にします。③~⑤と同じ手順です。

⑦裏布袋を表に返し、表布袋の中に入れます。

裏布袋を表に返した状態です。

↓表袋布(裏返しの状態。)に裏袋布(表の状態)を入れます。

⑧バッグのフチをミシン縫いします。

返し口を約15cmにして、バッグのフチをぬいしろ1cmでぐるりとミシン縫いします。

⑨返し口から表に返して、フチをぐるりとステッチをかけます。

返し口から返した状態です。

裏布を表布の袋の中におさめて、フチを約3mでステッチをかけます。

⑩完成!!

タイトルとURLをコピーしました