ファスナーの下準備

2023.10.16

綺麗な仕上がりにするために・・・

始めてファスナーポーチなどを作るときに、ファスナーの縫い付けは難しいのでは?

やってみる前は、難しそうだなと感じていました。

実際にファスナーをミシン縫いしてみると、直線縫いは問題無いのですが、ファスナーが綺麗に閉じなかったり、縫い縮みしてしまうなど、仕上がりが残念な結果になってしまう事が多々あります。

綺麗にファスナーを縫い付けるためにも、ファスナーの下準備をしておくといいようなので、私のいつもの下準備をご紹介します( ´∀` )

ファスナーの両端を整えて準備をする手順

下の画像は下準備する前の一般的なファスナーです。

両端は余分な部分があるために、縫込み、ファスナーの開閉がしにくくなってしまう事があります。

そのため、この余分な部分を折り込み、縫い付けておく作業をします。

①ファスナー両端の余分を折りミシン縫い。

下の画像のようにファスナーの端の割れ目を、折り、3針~5針縫い留めます。

ファスナーは裏側です。

②さらに折り込みミシン縫い。

下の画像のようにさらに下に向かって折り込み、3針~5針縫い留めます。

反対側も同じように(全部で4か所)縫います。

③下準備終了!

上→下準備していないファスナー

下→下準備済みのファスナー

ファスナーの両端、縫いはじめが明確になりますので、一緒に縫い付けてしまったり、食い込んでしまったりすることが減るかと思います。

ファスナーの形、仕上げる作品によって下準備が必要ない場合もあります。このひと手間だけで仕上がりが綺麗な作品になりますよ!

補足

作業は手縫いでやることをおすすめします。

かなり細かな作業になるため、家庭用ミシンの場合、押さえ幅が大きく、針穴が大きいのでファスナーの布端が食い込んでしまい縫いにくいです(;^_^A

職業用ミシンや、直線縫い用の針穴、針板交換ができるタイプの家庭用ミシンでしたらミシン縫いも可能かもしれません。

私は職業用ミシンで作業をしていますが、細かな作業ですのでミシンなら簡単・・・とも言い難いです(;^_^A

実際にやってみてコツを掴んでしまえば、どの方法でもOKです。

タイトルとURLをコピーしました