がま口のペンケース作り方

このページではがま口のペンケースの作り方を紹介しています。オリジナルの型紙で作りました。

使用した材料

・表布 オックスプリント生地

・裏布 帆布11号無地ブラック

・口金(ゴールド) 縦4.5cm×横17cm(カン無しタイプ)

・口金用接着剤

・口金用紐

・口金用のペンチ

・差し込み器具

・専用クリップ(今回は持っていないため普通のクリップを使用しました。

仕上がりサイズ

縦7cm×横17cm×まち4cm(底面4cm×16cm)

 

使用した型紙

※カーブがあるので正確に記載できていないですが、画像の方眼で参考にしてみてください。

 

 

作り方手順

動画もあります。

①表布、裏布の底部分をミシン縫いします。

表布と裏布をそれぞれ中表に重ね、底部分をぬいしろ1cmでミシン縫いします。

②ぬいしろを割りアイロンで整えます。

①でミシン縫いしたぬいしろを割り、アイロンで整えます。

③表布と裏布を中表に重ねて縫います。

表布と裏布を中表に重ねて、下の画像のようにしるしを付けて、ピンクの線をぬいしろ1cmでミシン縫いします。

ミシン縫いした状態

④表布と裏布の両サイドをミシン縫いします。

表布、裏布をそれぞれ中表に重ねて両サイド(ピンクの線)をぬいしろ1cmでミシン縫いします。

表布も同じようにミシン縫いします。

⑤まちを作ります。

表布の両サイド、裏布の両サイドの計4か所のまちを作ります。

下の画像のようにしるしを付けて、まち4cmにしてミシン縫いします。

⑥表に返してアイロンで整えます。

返し口から表に返して、アイロンなども使って綺麗に形を整えます。

⑦返し口を閉じます。

返し口部分(白線)をミシン縫いして閉じます。

⑧口金を付けます。

がま口の口金を付けていきます。

口金に接着剤を塗ります。接着剤は多すぎると溢れてきて布を汚してしまうので注意です。

口金にミシン縫いした袋を差し込み、クリップで固定します。

差し込み器具を使用して紐を口金に差し込んでいきます。なかなか入りにくいですが地道に作業をします。

接着剤がはみ出した場合は、すぐにふき取ります。

最後に専用ペンチで両サイドの口金を閉じます。

接着剤が乾燥したら完成です。

タイトルとURLをコピーしました