toggle
2018-07-25

ナップサック作り方・キルティング(裏地なし、まちなし、持ち手なし)

 

体操着入れ、着替え入れやお出かけにも使えるキルティングで作るナップサックです。

小学生は、肩ひもを長くすることでランドセルの上からも背負うことができます。荷物が多い日も、両手が使えて安心安全です。簡単に作ることができます!

 

【準備する材料】

・キルティング布

・肩ひも(約160cm~×2本)

・アクリルテープ(肩ひも通し用)

肩ひもは、ランドセルで背負う場合は、さらに長さが必要です。

小学生低学年、高学年ではかなり体格が違いますので、お子様の体格に合わせて準備しましょう!

 

【出来上がりサイズ】

約 縦33cm×横28cm

※出来上がりサイズは、キルティングの厚さにより誤差が生じます。

実際に裁ち方図の通りに裁断して、完成した後の数値です。

 

【裁ち方図ダウンロード】

【ナップサックの作り方手順】

①布を裁断する

裁ち方図を参考に型紙を利用して布を裁断します。

布袋を裁断した状態

 

アクリルテープを裁断した状態

 

②布の始末をする

布端をジグザグミシンやロックミシンで、布の始末をします。

 

画像はロックミシンで始末をしています。

 

③前布と後布の底を縫い合わせる

※ダウンロードレシピの【布の絵柄に上下が無い場合の裁ち方A】の場合は、この作業は必要ありません。

 

前布と後布を中表に重ね合わせます。

ぬいしろ1cmをミシンで縫い合わせます。

 

中表で重ねた状態

 

中表で重ねて縫い合わせた状態

 

底のぬいしろを割り、アイロンで整えます。

 

④あき止まり、肩ひも通しの位置に印をつける。

下の図の通りにチャコペンで印をつけます。

チャコペンで印を付けた状態(肩ひも通し)

 

チャコペンで印を付けた状態(あき止まり)

チャコペンで印を付けた状態(あき止まり)

 

 

⑤肩ひも通し用アクリルテープをクリップで固定し、ミシン縫い。

④で付けた印の位置にアクリルテープを輪にしてクリップで固定します。

 

下の画像のように、あき止まりから縫い始めて、アクリルテープ、底までを直線で両サイド縫い合わせます。

 

⑥あき止まりを割り、コの字で縫う。

下の画像のようにあき止まりの縫いしろを割り整え、コの字で縫い合わせます。

 

⑦上部を三つ折りまたは二つ折りで縫い合わせる。

紐を通すために、上部をアイロンで整えながら三つ折りか二つ折りにします。

 

・三つ折りにした場合

厚さがあるため、パワーのあるミシンはこちらの方法で縫います。

 

・二つ折りにした場合

厚さがあるため、パワーがないミシンはこちらの方法で縫います。

 

三つ折りで縫った状態

 

三つ折りにした場合と、二つ折りにした場合では、若干出来上がりのサイズが異なります。

 

⑧ナップサックの袋を表に返し、肩ひもを通す。

表に返した状態

 

肩ひもを通します。

 

⑨完成

 

紐通し部分であるアクリルテープもやや厚みがあり、家庭用ミシンではパワー不足に感じるかもしれません。

この場合は、スピードダウンしてゆっくりと縫い進めるか、不安がある場合は手縫いで補強しつつ縫い合わせても良いと思います。

とても簡単に作れます。キルティング以外のキャンバス生地、オックス生地などでも作りやすいですよ!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です