ソーイングレシピ

巾着袋の作り方・コップ入れ(裏地なし、まちなし、紐1本)

 

幼稚園、保育園で使うコップ入れとしても定番、ミニ巾着袋の作り方です。

こちらのページでは、裏地、まちなしタイプで、紐も1本通すだけのシンプルで簡単なレシピとなっています。

また、コップ入れは清潔に使うためにも、お洗濯は多くなりますし、洗い替えは何枚あってもOKです。

ハギレでも作れるお手軽ハンドメイドです。

お気に入りの可愛い布で作ってみて下さい!

 

【準備する材料】

・ コットン布(水玉)

・ アクリル紐(約60cm)

布は、シーチング、ブロードなどの薄手、綿素材がおすすめです。

紐は、今回は同じ布で作ってみました。

もちろん、アクリル紐を使用してもOKです。

 

【出来上がりサイズ】

縦18cm×横18cm

 

【無料裁ち方ダウンロード】

画像をクリックするとPDFファイルをダウンロードできます。

 

【巾着袋の作り方手順】

①布を裁断する

裁ち方図を参考にして布に描き写し裁断します。

袋布を裁断した状態

 

紐布を裁断した状態

 

②布の始末をする

布端をジグザグミシンやロックミシンで、布の始末をします。(袋布のみ)

画像はロックミシンで始末をしています。

 

③あきどまり位置に印を付け、袋を縫う

前布と後布を中表に重ね合わせます。

あきどまり位置に印を付けます。

中表で重ねた状態

 

ぬいしろ1cmで袋布を縫います。

④あきどまり部分のぬいしろを、アイロンで割り整え、コの字縫いをする。

アイロンを使用して、あきどまりを割り整えます。

 

あきどまりを整えた状態。

 

コの字で縫った状態(表側)

 

 

コの字で縫うとき、あき止まり部分は返し縫いで補強します。

 

⑤紐通し部分を3つ折りにして縫う。

アイロンで折り目を付け、三つ折りにします。

 

下の画像のように、表布から後布へと三つ折り部分を直線ミシン縫いします。

三つ折り部分をミシン縫いした状態。(表側)

袋部分は完成です。

 

⑥紐を作る

市販のアクリル紐などを使用する場合は、こちらの作業は省略になります。

中心に向かって4つ折りにします。

真ん中で折り、アイロンをかけます。

 

中心に向かって、両端を折ります。

 

テープメーカーを使用してもOKです。

 

さらに中心を折ります。

 

ミシンで縫い合わせます。

細いので慎重に縫い合わせます。

 

紐が出来上がりました。

 

⑦紐を通し、紐を縫い止める。

ひも通しで紐を通します。

 

紐端を合わせて、縫い止めます。

お洗濯の時に、紐がほどけ、外れるのを予防!

縫い方は、袋縫いで始末します。

※アクリル紐の場合は、紐端を玉結びにします。

 

「袋縫い」のやり方参考ページ

 

⑧完成!

 

 

-ソーイングレシピ