ソーイングレシピ

巾着袋の作り方・体操着入れ(裏地なし、まちなし、紐1本)

シンプルな巾着袋、体操着入れの作り方です。

入園入学準備でのハンドメイドはもちろんですが、ちょっとした小旅行でも着替え入れとして役立ちます。

好みの素敵な布を使用して大切に使ってもらいたいですね。

 

【準備する材料】

・コットン布

・アクリル紐(80cm~100cm)1本

布は、薄手のシーチング、ブロード素材がおすすめです。

着替えを何枚も入れて重量がある場合には、キャンバス、オックスのやや厚手の布が良いですね。

 

【出来上がりサイズ】

縦35cm×横30cm

 

【裁ち方図ダウンロード】

画像をクリックするとPDFファイルをダウンロードできます。

 

 

【巾着袋、体操着入れの作り方手順】

①布の裁断

裁ち方図を参考にして、チャコペンを使用して布に描き写し裁断します。

袋布2枚を裁断しました。

 

袋布と同じ布を使用して、紐用の布も裁断します。

市販のアクリル紐を使用する場合は、必要ありません。

 

 

②布端の始末をする

袋布2枚の布端をジグザグミシンやロックミシンで始末します。

 

 

③あきどまりに印を付け、袋を縫う

袋布2枚を中表に重ねます。

 

あきどまり位置は、裁ち方図を参考にして印をつけます。

あきどまり位置に印を付けた状態

 

下の図のように、袋布をミシンで縫い合わせます。

(ぬいしろ1cm)

 

④あきどまりのぬいしろ割り整え、コの字縫いをする。

あきどまり部分のぬいしろを下の画像のように、アイロンを使用して割り整えます。

 

あきどまりぬいしろ部分を「コ」の字でミシン縫いします。

 

あきどまり部分は、返し縫いで補強します。

 

あきどまり部分「コ」の字で縫い終わった状態(裏)

 

あきどまり部分「コ」の字で縫い終わった状態(表)

 

⑤紐を通す部分を3つ折りにして縫う

 

アイロンを使用して、整えながら三つ折りにします。

袋布の上部約1cmを下の画像のように1回折ります。

 

さらに約2cmほど、折ります。

 

 

三つ折りにしたら、下の画像のようにミシン縫いをします。

紐が通せるだけのスペースを確保するようにします。

 

ミシン縫いをした状態です。

(表側)

これで、袋部分は完成です。

 

⑥紐を作る

※市販のアクリル紐を使用する場合は、この作業工程は省略します。

 

下の画像のように、中心に向かって4つ折りにします。

 

布を裏にします。

 

中心に向かって下の画像のように、折ります。

 

さらに中心で折ります。

 

布端をミシンで縫い合わせます。とても細いので、ゆっくり丁寧に縫い進めます。

 

紐が完成しました。

 

 

⑦紐を通し、紐端を縫い止める。

 

ひも通しを使用して、紐を通します。

 

紐の両端を重ね合わせて、袋縫いで縫い止めます。

 

袋縫いをして、さらに結び留めておくとほどける心配がありません。

洗濯をする時に、巾着袋の紐がほどけて抜けてしまうことが多いので、このような方法でおすすめしています。

アクリル紐の場合は、玉結びをします。

 

 

袋縫いのやり方は、↓こちらのページを参考にして下さい。

 

⑧完成!

いかがですか?

体操着袋もお洗濯の回数が多いので、1枚だけではなく2枚、3枚あっても困ることはありません。

小学生になると学校に忘れてきたりすることもありますし、急遽必要になることもあります。

表布、裏布をあえて違う布を使用しても可愛いです。そうすれば、余っている小さな布でも作れます。簡単ソーイングで準備してみましょう♪

-ソーイングレシピ